>お気に入りに追加
このページの情報は
2009年3月5日2時3分
時点のものです。

 【DXANTENNADXアンテナ】770MHz帯 共同受信用双方向増幅器[W35R1]

 【DXANTENNADXアンテナ】770MHz帯 共同受信用双方向増幅器[W35R1]
価格:54,574円
納期:

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 弱電館
発売日 :

項目 (単位):CATV上り、CATV下り の順周波数帯域 (MHz):10?60、70?770 最大伝送波数 (波):4、74+デジタル 標準利得 (dB):30、35 定格出力レベル(dBμV):113、104/108 V S W R:2.0以下、2.0以下 雑音指数 (dB):8以下、10以下 CSO、ビート (dB):?60以下、?60以下 CTB (dB):?60以下、?60以下 外形寸法 (mm):170(H)×162(W)×70(D) 質量 (kg):0.9 ビル共同受信用増幅器 4機種の主な特長及び重要なポイント■上り伝送帯域(10?60MHz)に関して・CATVの高速インターネット化など新サービスへの対応を可能とする、上り帯域の拡張を実現(従来機種は10?55MHz)。■下り伝送帯域(70?770MHz)に関して・充実したEQ/ATTの調整機能により、伝送波数、施設規模、その他のあらゆる状況に応じた繊細な動作設定が可能。■CS/BS-IF帯域について(CW40Y1、CW35R1のみ)・周波数帯域はワイドな2610MHz対応。多衛星受信のあらゆるシステム方式での活用が自在。■その他・各機能ごとの切換スイッチは、接点に金メッキを使用した高信頼性設計。・各スイッチの設定ポジションが見やすい白色ノブを採用。・すべての入力モニタ端子は本体正面(カバー面)に配置し、ボックス内取付状態で、本体前面から測定器などへのケーブル接続がらくらく。 さらに、従来機種から定評のある下記の優れた特長の数々をそのまま受け継いでいることはいうまでもありません。・CATV上り増幅部にプッシュプル回路、下り増幅部に高規格ICなどを採用し、上りTV4波、下り74波+デジタル35波(CW40Y1とCW35R1では、さらにCS/BS-IF 36波も)の高出力伝送が可能。・流合雑音対策に威力を発揮する上り帯域切換スイッチを搭載。・誘導雷避雷回路内蔵で、高周波増幅回路・電源回路ともに安心。 また±15kV(1.2/ 50μs)のサージ電圧に対しても優れた保護性能。・大形放熱板を兼ねたアルミ合金製シャーシの採用により、放熱効果に優れ、電波漏洩対策も万全。こちらの商品は通常、3日?7日でお届け致します。メーカーに在庫が無い場合は、納品までお待ち頂くことがございます。ご了承ください。




  • seo




Supported by 楽天ウェブサービス  サイトマップ  家電 買い換え
このページのトップに戻る
このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。